信長のしのび

  • 2011.10.26 Wednesday
  • 06:35
ひさびさ更新!

仕事もおちついて体力も 戻ったつもりでしたが
実際に夜になると眠くて仕方ない不思議……。

23時には眠くて布団が恋しいとか、私とは思えないな。



さて、blog更新する気力もない間に、 色々と買った漫画が溜まってしまいました。


 


というわけで、今回は「信長のしのび 廚任后

戦国大戦のカードには、戦国数奇というレアリティが存在します。
ざっくり言うと漫画家枠。

これにはさらに大きくわけて3種類あって、
  「漫画のキャラクターが武将コスプレとして史実武将として登場」
  (キンニクマンな信長、絶対可憐チルドレンな茶々・初・江など)
しているものと
  「戦国時代を部隊にした漫画の創作キャラが登場」
  (修羅の刻の陸奥辰巳など)
しているものと
  「なぜかエグザムライ」
の3種類。

千鳥は完全創作キャラなので、2番目のパターンですね。
このパターンは現在、陸奥と千鳥の2人のみになっています。



そんな関係で読んでみた「信長のしのび」でしたが。

たぶん戦国に少しでも興味がある人なら、
まず間違いなく読んで損しない面白さな作品でした。

内容的には、戦国時代を舞台とした4コマ漫画。
どこかに書いてあった通り(オビだったかな?)、
忍者モノではなく、忍者の目を通して見た信長の物語。

1巻の内容は(信長と千鳥の出会いを除くと)
帰蝶との結婚〜美濃攻め開始・半兵衛の稲葉山城占拠
あたりまで。

千鳥に出番を奪われてしまった武将こそいるものの、
この手の作品としてはびっくりするほど史実に忠実。
ただし帰蝶さんを除く。除くと思いたい。
この作品の帰蝶も好きだけど、
史実の帰蝶さんはこんなキャラではなかったと信じたいw


ただまあ……。
氏真は別に暗愚じゃなかったと思うんだけどなぁ…とは思う。

あと、幼い頃の千鳥さん再登場しないだろうか。
作中一番可愛いと思うんだが。
苦内取り出すときにチラ見えした胸元とか超素敵なのに。
コメント
修羅の刻と聞いて飛んできました
(`・ω・´)

陸奥いるのか…見てみたいわぁ
(*´Д`)ハァハァ
  • あがた
  • 2011/10/26 4:02 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

counter

/

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM